カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

ZEAK(ジーク)とは About ZEAK

ブランドコンセプト



「日本のスポーツをもっと自由に!」

我々は、ウォータースポーツがもっと日本にとって身近なものになるにはどうしたらいいかを、立ち上げ当初よりずっと考え続けて参りました。

カスタムオーダーのウェットスーツは時間がかかり、「すぐに楽しみたい」といった要望には答えられない。高性能なウェットスーツは値段が高く、気軽に始めるには手が出しにくい。

それらの問題点を解決することで、ウォータースポーツを、自由で気軽なスポーツとしてもっと楽しんでいただけるのではないか。

それが、ZEAK(ジーク)ブランド立ち上げの背景です。

私たちは、ZEAK(ジーク)を通じて、ウォータースポーツを更に身近に、より多くの方に楽しんでいただけると確信しています。






ブランドメッセージ



「明日からあなたの気持ちは動き出す!」

より日本人か快適で自由にウォータースポーツを楽しめるように、という想いから考案された日本人のためのスポーツウェアブランド、それがZEAK(ジーク)です。

ZEAK(ジーク)には、ウォータースポーツを楽しみたい全ての日本人の方に、より快適で楽しい時間を提供し、ウォータースポーツを通じたライフスタイルが、さらに充実したものであるように、との想いが込められています。

あなたにとって一番快適だと感じるウェットスーツは、あなたの心にも大きな変化をもたらします。想像してみてください。

朝日に煌めく海辺で、ウェットスーツに袖を通す瞬間。心地よい波に揉まれながら、お気に入りのサーフボードに乗る瞬間。沈む夕日に目を細めて、満足感に包まれる瞬間。

日本人のあなたのために生まれたZEAK(ジーク)のウェットスーツは、ウォータースポーツの一瞬一瞬が楽しみで仕方がなくなるほどあなたに最高の時間を提供してくれることでしょう。






我々のミッション



「ウォータースポーツを日本の文化に!」

ウォータースポーツの楽しさをもっと多くの方に知っていただきたい。それが私たちの原点です。

日本には、ウォータースポーツにとって大変優れた環境が整っています。

四方を海に囲まれ、南北に長い地形は起伏に富み、川や湖があります。さらに、四季のある日本は、そこに様々な景色を映し出してくれます。

その環境を存分に楽しむために必要なもの(ウェットスーツ)を提供するのが私たちです。

私たちの夢は、いつか日本が世界に誇れるウォータースポーツ先進国の仲間入りができるようにすることです。






ロゴマークへの想い

ZEAK(ジーク)を象徴する Z(ゼット)を中心に、全体の円は「地球」と「日本(日の丸)」を、Zを横断するラインは、山から海へ続く水の流れを表しています。

あらゆるフィールド(湖・川・海)において、ウォータースポーツウェア(ウェットスーツ)を普及させていくことで、ウォータスポーツを日本の文化にしていく、というメッセージを込めています。






ブランドストーリー

ZEAK(ジーク)ブランドの誕生には、創業者である「浅田」の若い時の経験がそのルーツである。

私がサーフィンを始めたのは、今から約30年以上前、1987年、15歳の夏だった。8月のものすごく暑い日であったことを今でも覚えている。

友人に誘われながら、半ば強引に海に連れていかれた。借りたサーフボードを脇に抱えながら、自転車に乗り、友達の後を付いていった。

何も分からないまま、見よう見まねで海に入った。 当時はサーフパンツすら持っていなかったので、部活動の短パンを履いてサーフィンをしていた。

1時間もすると、お腹や乳首がサーフボードと擦れて、痛くなってきた。周りを見渡すと、大人のサーファーはTシャツのようなものを着ている。後々分かったことだが、あれがラッシュガードというものであった。

後日、ラッシュガードを求めてサーフショップに行ってみた。しかし、15歳の少年が買える値段ではなかった。

夏が終わり9月も後半になると、短パン1枚では寒すぎてサーフィンができない。どうしてもサーフィンを続けたかった私は、再びサーフショップを訪ねた。

15歳の私に対して、サーフショップのお兄ちゃんは優しかった。これからの季節はウェットスーツが必要なことも教えてくれた。

しかし、ウェットスーツは高価で手が届かない。そこで、知り合いの先輩から中古(当時3万ぐらい)で譲ってもらうことにした。冬用のフルスーツだった。

冬用のフルスーツでは、10月、11月は汗が出るほど暑い。ファスナーを全開にして、海水をウェットスーツの中に入れて、なんとか凌いだ。 この時、私は「季節に応じてウェットスーツの種類を変えなければならない」ことを自ら学んだ。

年が明け、1月、2月、3月は快適だった。サーフィンに夢中だった私は、初日の出サーフィンをするほどになっていた。

4月、5月。この季節になると、徐々に海水温が上がりはじめ、外気温も高くなってきた。冬用のフルスーツでは暑くてサーフィンどころではなくなってきた。

そこで、私は、フルスーツの両袖をハサミで切り、シーガル(半袖長ズボン)タイプのウェットスーツにしました。

6月、7月。海水温、外気温共にさらに上がってきた。シーガルでも暑くなってきたのです。私は、さらに、ひざ下をはさみで切り、スプリング(半袖半ズボン)タイプにしました。

8月。サーフィンを初めて1年、再び夏が到来!相変わらず、部活動の短パンでサーフィンをしていました。

9月、10月。肌寒くなる季節。自ら、両袖、両足をハサミで切ってしまった「スプリングウェットスーツ」の登場。

11月後半。スプリングウェットスーツでのサーフィンは限界でした。ハサミで切ってしまった両袖、両足は、復活できず、年内のサーフィンは諦めることにしました。

12月。16歳になった私は、ウエットスーツを買うためにアルバイトに専念することにしました。






SDGsへの取り組み

SDGs(エス・ディー・ジーズ)は、持続可能な社会を世界レベルで実現するために、2015年9月に国連で合意された世界共通の目標です。

詳しくは外務省ホームページをご覧ください。


「小さなことから、今できることを」

私たちZEAK(ジーク)では、CSR(自社の利益を追求するだけでなくより良い社会づくりを目指す自発的な取り組み)の一環として、SDGs(エス・ディー・ジーズ)に貢献します。

「小さなことから、今できることを」そう考えたとき、やるべきこと、やれることはたくさんあります。ほんの小さな行動でも、たくさんの人が行えば、それは大きな力になります。先送りをせず、今できることを行います。


1.ウェットスーツの再利用

私たちZEAK(ジーク)では、廃棄されるウェットスーツを再利用(リメイク)しています。キーケース、ドリンクホルダー、コンパクトケースなどに。


2.クリーンな素材を

私たちZEAK(ジーク)では、製品に使用する原材料を、出来るだけクリーンなものに変える努力、開発を進めています。


3.自然界に存在しないものの排除

私たちZEAK(ジーク)では、ウォーターフィールドから出るときに、必ず1つのゴミ(自然界に存在しないものプラスチックごみ)を持ち帰ります。